外国為替証拠金取引

オリックス生命 がん保険

オリックス生命の「がん保険」【がん保険各社の比較】

オリックス生命  がん保険

次は、オリックス生命をみていこう。
こちらは終身がんのみのようだ。

 

保険料は、45歳男性で、4,467円。(基本プラン)
基本プランは、「診断一時金」「入院一時金」「入院給付金」「手術」「先進医療」「退院一時金」
6つとなっており、

 

「先進医療」は特約だが基本プランに組み込まれている。その他「通院」を特約で付けられるようになっているようだ。
こちらはがん治療で入院すると、「入院一時金」が最低50万、「入院給付金」が入院日数分、「退院一時金」が10日以上入院し退院したら最低10万円受け取れることになる。

 

その他に診断一時金と手術給付金も受け取れるのだから、かなりまとまった金額が毎回
受け取れるのではないか。また、退院後の通院治療は、特約で保障を受けられる。

 

ただしよく見てみると、こちらの「診断一時金」は初回のみの受け取りとなっている。

 

また、通院特約は、入院を伴う治療で、しかも退院した後一年以内で60日以内の
通院のみの保障とかなり限られてきてしまう。

 

入院を伴わない治療の場合は、入院給付金すべてと、
通院給付金もすべて受けられない保障となってしまう。

 

その場合は「診断一時金」と「手術」「先進医療」のみの保障で、先進医療を受けなければ、
給付金は「診断一時金」「手術」のみとなってしまう。もちろん、2回目以降は「診断一時金」も受け取れない。
これは、個人的には少し保障が浅いような気がするな。

 

オリックス生命  がん保険

 

近年、通院による治療が増えてきているから、やはり入院した場合の保障が手厚いだけでなく、
通院のみの場合の保障も手厚くしておくよう、
「診断一時金」と「通院」は入院を伴わない無制限の保障を選んでおいたほうがよさそうだ。

 

 

 

■step14 がん保険各社の比較【三井住友海上あいおい生命】

 

 

 

生命保険を徹底比較!!複数の保険会社を比べて選べる

一括資料請求の注意事項がん保険各社の比較一覧表私が選んだ「がん保険」ベスト3

 

 


オリックス生命の「がん保険」関連ページ

アクサ生命の「がん保険」
アクサ生命の「がん保険」
アフラックの「がん保険」
【がん保険各社の比較】アフラックの「生きるためのがん保険」
東京海上日動あんしん生命
東京海上日動あんしん生命の「がん保険」内容
アメリカンホームダイレクト
アメリカンホームダイレクトの「がん保険」
富士生命「がん保険」
富士生命「がん保険」
ネクスティア保険「がん保険」
ネクスティア保険「がん保険」
チューリッヒ生命「がん保険」
チューリッヒ生命「がん保険」
メットライフアリコの「がん保険」
メットライフアリコの「がん保険」
NKSJひまわり生命「がん保険」
NKSJひまわり生命「がん保険」
三井住友海上あいおい生命
三井住友海上あいおい生命 がん保険