外国為替証拠金取引

アフラック 生きるための がん保険

アフラックの「生きるためのがん保険」【がん保険各社の比較】

次はアフラックを見てみよう!こちらは終身がん保険のようだ。
表紙にデカデカと、「生きるためのがん保険」と書いてある。これが特長のようだな。

 

アフラック

45歳男性だと、月額1,205円。
パンフレットのページをめくると、特長がずらずらと書いてある。

 

「がんは通院で治す時代!!入院日数も短縮化」とあり、平成8年のがんによる入院日数が平均で46日であったのが、平成20年では平均23.9日と半分になっている。通院保障が手厚いのかな。
そして、アフラックも、がん3大治療(手術、放射線治療、抗がん剤治療)を保障している。この3つの治療による通院は日数無制限での保障になっているのか。

 

ん?「治療以外にもかかる費用をカバー」これは一体?
ガン診断後、一定期間以上生存しているか、または長期治療を受けていると給付金を受け取れるんだ!これを治療以外にかかるウイッグ(カツラ)やマッサージの費用に当てるんだな。

 

それと、入院に対しての給付金が主契約に組み込まれてないのがアクサと同じだなー。
すると、主契約の保障内容は、がんと診断された時の「診断給付金(ある無しを選べる)」と、
「通院給付金」、そして先程の治療費以外をカバーする、「生活サポート」と「再発・長期治療」保障の4つだな。
その主契約に、3大治療保障特約や、先進医療保障特約をつけるようになっているのか。

 

ところが、さらにページをめくって愕然とする!!特約が他にもずらずらと載っているではないか!
ええと、、、先程の特約以外に、、、なんと6つもあるではないか!?

 

アフラックの「がん保険」

 

特約を全て並べると、、、

手術・放射線治療特約
抗がん剤治療特約
がん先進医療特約
アクサにもあった、年金受取型の収入保障特約
女性のがんに対する特約
がん検診の費用などに利用できる、検診サポート特約
入院治療の時の入院保障特約
死亡、高度障害、余命6ヶ月宣告時の終身特約
同じく、死亡、高度障害、余命6ヶ月宣告時の定期特約

 

これだけあると、必要なものだけを選べて付けられるから便利だな。途中で特約だけ解約できるし。
ただ、会社や商品によっては、契約時にしか付けられない特約もあるし、主契約を解約してしまうと、
付いていた特約も全て解約されてしまうので、本当に残したい特約は、同じような主契約の商品を
別に入っておくというのも選択の一つだ。

 

補足で、アフラックは、女性特有のがんの保障が厚い、Daysの別商品も売られている。
女性の方は、そちらも合わせて検討してもいいかもしれない。

 

 

■step6 がん保険各社の比較【東京海上日動あんしん生命】

 

 

 

生命保険を徹底比較!!複数の保険会社を比べて選べる

一括資料請求の注意事項がん保険各社の比較一覧表私が選んだ「がん保険」ベスト3

 

アフラックの「がん保険」関連ページ

アクサ生命の「がん保険」
アクサ生命の「がん保険」
東京海上日動あんしん生命
東京海上日動あんしん生命の「がん保険」内容
アメリカンホームダイレクト
アメリカンホームダイレクトの「がん保険」
富士生命「がん保険」
富士生命「がん保険」
ネクスティア保険「がん保険」
ネクスティア保険「がん保険」
チューリッヒ生命「がん保険」
チューリッヒ生命「がん保険」
メットライフアリコの「がん保険」
メットライフアリコの「がん保険」
NKSJひまわり生命「がん保険」
NKSJひまわり生命「がん保険」
オリックス生命の「がん保険」
オリックス生命の「がん保険」
三井住友海上あいおい生命
三井住友海上あいおい生命 がん保険