外国為替証拠金取引

アメリカンホームダイレクト がん保険

アメリカンホームダイレクトの「がん保険」【がん保険各社の比較】

アメリカンホームダイレクトの「がん保険」

【アメリカンホームダイレクト】

 

いきなりパンフレットに、
「がんになったことがある方も入りやすい…」と書いてある。
緩和告知型か。
引受審査が緩和されているみたいだ!

 

この他に、通常がん保険もあるんだな。
どちらも終身と定期型を選べるみたいだ。
今回は、終身型のみを見ていくことにしよう。

 

 

まずは、緩和告知型からパンフレットをめくってみた。
がん経験者向けに、過去2年間がんで入院・手術を
していないなどの基準を満たせば加入できるようだ。
これはありがたいな!!
主契約は、入院、手術、通院、退院一時金の保障。
特約が、5日以上の継続入院一時金と、女性特有がん
の保障が付けられるみたいだ。うーん、分かりやすい保険だな。

 

気になる保険料は……45歳男性で1,907円!!
(特約を付けず最低の保障)これは、がん経験者が加入
出来るのであればいい保険なんじゃないかな!??

 

アメリカンホームダイレクトの「がん保険」

 

次に通常がん保険をみてみる。
保障内容がやはり違っているな。主契約は、がん診断給付金、入院、先進医療までついている。
上皮内がんは、緩和告知型も通常型も保障対象だ。
特約が、手術、退院一時金、退院後の通院の保障が付けられる。

 

こちらも分かり易いな。保険料は45歳男性で、、、1,970円!?
緩和告知型と変わらない保険料だけれど、大きく違う点は、診断給付金が通常型には付いている。
主契約に組み込まれているから、診断されれば最低でも50万円(上皮内がんだと10万円から)
出る仕組み。
それでも、緩和型にでも加入出来るのであれば、入院費・通院費・手術費を補えるのだから、
加入しておくのが良いだろうと思う。

 

補足で、アメリカンホームダイレクトは、
他にも月額3000円の3000がん保険という商品もある(4000円5000円コースもあり)。
これは今回は検討しない事とする。

 

 

■step8 がん保険各社の比較【富士生命】

 

生命保険を徹底比較!!複数の保険会社を比べて選べる

一括資料請求の注意事項がん保険各社の比較一覧表私が選んだ「がん保険」ベスト3

 


アメリカンホームダイレクト関連ページ

アクサ生命の「がん保険」
アクサ生命の「がん保険」
アフラックの「がん保険」
【がん保険各社の比較】アフラックの「生きるためのがん保険」
東京海上日動あんしん生命
東京海上日動あんしん生命の「がん保険」内容
富士生命「がん保険」
富士生命「がん保険」
ネクスティア保険「がん保険」
ネクスティア保険「がん保険」
チューリッヒ生命「がん保険」
チューリッヒ生命「がん保険」
メットライフアリコの「がん保険」
メットライフアリコの「がん保険」
NKSJひまわり生命「がん保険」
NKSJひまわり生命「がん保険」
オリックス生命の「がん保険」
オリックス生命の「がん保険」
三井住友海上あいおい生命
三井住友海上あいおい生命 がん保険