外国為替証拠金取引

富士生命 がん保険

富士生命の「がん保険」【がん保険各社の比較】

富士生命 がん保険

次は富士生命。富士生命のパンフレットは初めてみるな。
こちらは終身がん保険1点のみの商品となっている。

 

特長は、こちらも上皮内新生物が保障対象だ。
先進医療も保障されている。そして何といっても、
こちらはがん診断給付金が大きな保障となっている。
何度でも支払われるのと、初回が300万円!!
2回目以降でも100万円の給付金となっている!!

 

ただ、先進医療給付金が1回最高500万円までと
なっている。けれど、がん治療で500万円を超える
ケースは少ないんじゃないかな!?

 

基本プランが、診断給付金と、先進医療給付金が保障されている。
プランにより、入院、手術、死亡保険金、無事故給付金が付けられる。

 

気になる保険料は、45歳男性で月5,465円!!(基本プラン、最低保障で)
やはり割高にはなってくるなー。こちらは診断給付金が大きいからな。

 

富士生命 がん保険

 

保険料が高くなってくると、もう一つ気にしなければならないのが、
解約時払い戻し金があるかどうか。
因みにこちらの商品は払い戻し金がないタイプ。

 

そうすると、途中で解約しても生涯がんにならなくてもお金は返ってこない事になる。
ただ、こちらの保険は、無事故給付金(診断給付金が支払われなかった場合、受け取れる)を
プランにより付けられるが、かなり保険料が割高となってしまう。

 

また、死亡保険金をつけた場合でも、こちらはがんを直接原因とする死亡でないと
保険金は受け取れない事になっている。

 

保険料は毎月払っていくものだし、戻ってくるお金がない場合も考えて、
じっくりと検討してから加入する事が必要だろう。

 

 

■step9 がん保険各社の比較【ネクスティア保険】

 

 

 

生命保険を徹底比較!!複数の保険会社を比べて選べる

一括資料請求の注意事項がん保険各社の比較一覧表私が選んだ「がん保険」ベスト3

 

 


富士生命「がん保険」関連ページ

アクサ生命の「がん保険」
アクサ生命の「がん保険」
アフラックの「がん保険」
【がん保険各社の比較】アフラックの「生きるためのがん保険」
東京海上日動あんしん生命
東京海上日動あんしん生命の「がん保険」内容
アメリカンホームダイレクト
アメリカンホームダイレクトの「がん保険」
ネクスティア保険「がん保険」
ネクスティア保険「がん保険」
チューリッヒ生命「がん保険」
チューリッヒ生命「がん保険」
メットライフアリコの「がん保険」
メットライフアリコの「がん保険」
NKSJひまわり生命「がん保険」
NKSJひまわり生命「がん保険」
オリックス生命の「がん保険」
オリックス生命の「がん保険」
三井住友海上あいおい生命
三井住友海上あいおい生命 がん保険