外国為替証拠金取引

ネクスティア保険 がん保険

ネクスティア保険の「がん保険」【がん保険各社の比較】

ネクスティア保険 がん保険

次は、ネクスティア保険をみていこう!
こちらは、アクサグループのネット保険だ。
ネット保険は、経費が削減されるから、
保険料が割安となっている。
ネットで申込みができるのも強みだな。
全商品が1冊のパンフレットになっている。

 

がん保険は終身と10年定期から選べるのか。
保障内容が似ているので今回は2商品ともみていこう。
まず保険料は、男女同様45歳で、定期1,280、終身2,190円となっている(特約なし、最低保障)。
やはり安いな!

 

 

 

主契約が、終身・定期共に、「入院」と「診断一時金」の2つ。特約が、終身・定期共に、「手術」・「退院一時金」・「先進医療」がつけられる。さらに、終身のみ「女性特有がん」・「無事故給付金」を特約でつけられるようになっている。

 

ネクスティア保険「がん保険」

 

無事故給付金については各社共通して言えるのが、付けるとかなり保険料が割高になってしまう。
無事故であれば、もちろん給付金は受け取れるが、がんに罹ってしまったり、
解約してしまったら返ってこないお金になってしまう。
無事故給付金をつけるのであれば、その分のお金を貯蓄に回しておくのも一つの選択だと思う。

 

こちらの商品の強みは、特約は多くないが、終身だと入院給付金が最高4万円、
診断給付金が最高400万円まで受け取れる(定期だとその半額まで)。

 

ただし、先進医療が通算で500万円までとなっていたり、
シンプルなので手厚い保障とまではいかない。
総合的にみると、安価で最低限の保障が受けられるので、
その位のニーズでがん保険を検討している人にはいい保険かもしれない。

 

 

 

■step10 がん保険各社の比較【チューリッヒ生命】

 

 

 

生命保険を徹底比較!!複数の保険会社を比べて選べる

一括資料請求の注意事項がん保険各社の比較一覧表私が選んだ「がん保険」ベスト3

 


ネクスティア保険「がん保険」関連ページ

アクサ生命の「がん保険」
アクサ生命の「がん保険」
アフラックの「がん保険」
【がん保険各社の比較】アフラックの「生きるためのがん保険」
東京海上日動あんしん生命
東京海上日動あんしん生命の「がん保険」内容
アメリカンホームダイレクト
アメリカンホームダイレクトの「がん保険」
富士生命「がん保険」
富士生命「がん保険」
チューリッヒ生命「がん保険」
チューリッヒ生命「がん保険」
メットライフアリコの「がん保険」
メットライフアリコの「がん保険」
NKSJひまわり生命「がん保険」
NKSJひまわり生命「がん保険」
オリックス生命の「がん保険」
オリックス生命の「がん保険」
三井住友海上あいおい生命
三井住友海上あいおい生命 がん保険