外国為替証拠金取引

私が 選んだ がん保険 ベスト3

私が選んだ「がん保険」ベスト3

ここで紹介した、人気がん保険11社のなかで、個人で選んだBEST3を紹介していこうと思います。

MKSJひまわり生命

NKSJひまわり生命

こちらは、個人的に受けたい保障が全てついている保険です。診断一時金を最低100万円から何度でも受けとれ、入院給付金も最低1日1万円を受け取れます。また、手術給付金も最高40万円(プランによっては80万円)受け取れ、先進医療も通算1000万円まで受け取れます。

 

そしてなんといってもこちらの強みは、通院保障が、
『入院を伴わなくても通算日数無制限』で受けられ、一年間に120日までとくくりはありますが、とても手厚い保障となっています。

 

近年、通院のみでのがん治療も増え、また入院治療後も通院治療が長引く可能性もあるため、こちらの保険はかなり安心な保障内容となっていると思います。

 

【MKSJひまわり生命 がん保険の記事へ】

NKSJひまわり生命

 

東京海上日動あんしん生命

東京海上日動あんしん生命

こちらは、診断一時金は、最低100万円を何度でも受けられます。

通院保障もついており、退院後1回45日まで、通算730日まで受けられます。

入院給付も最低1日1万円から受けられます。また、ニーズによって、

抗がん剤や、先進医療も通算1000万円まで付けられます。

 

【東京海上日動あんしん生命 がん保険の記事へ】

東京海上日動あんしん生命

 

富士生命

富士生命

こちらは、通院の保障はないですが、診断一時金を初回300万円、

2回目以降100万円を何度でも受けられます。

また、先進医療は通算1500万円まで保障。ニーズにより、

入院・手術・死亡・無事故給付金を付けられます。

 

【富士生命 がん保険の記事へ】

富士生命

 

 

 

 

【がん保険ベスト3総評】
以上、選んだ3社は、保険料は若干高めにはなっていますが、
がん保険は給付金を受け取るときに、会社によっては数百万円受け取る金額が変わってきます。
がん治療をしっかりとした保障でまかないたいと考えているかたは、
どうせ選ぶなら、それぞれのニーズに合ったいい保険を選んで頂きたいと思います。

 

生命保険を徹底比較!!複数の保険会社を比べて選べる

一括資料請求の注意事項がん保険各社の比較一覧表がん保険各社の比較一覧表